<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 住宅難 | main | ガタレンジャージュニア3回目 >>

エビとつきますが。。。

今日は名古屋市の藤前干潟ふれあい事業が,藤前活動センターで開催されました。

最近,12月にふれあい事業でヨコエビの先生が講演会に来るので,ヨコエビの飼育をしたいと

思いヨコエビを集めているのですが,今日もたくさんのヨコエビが見つかりました。

 

参加者の方からも、「横倒しになったエビ?」,「エビなの?」とよく聞かれるのですが,

ヨコエビは,エビとつきますが,実はエビではありません。瑞脚目というのに入っていて,ジュニアのキャンプで観察した

ワレカラ(現時点で写真が手元にない)と同じ仲間に入っています。エビは十脚目です。

エビやカニが卵から生まれた直後は,エビやカニの形をしていないのに(ゾエア→メガロパ幼生→エビ,カニの形になる),

ヨコエビは卵から生まれた直後に小さな「ヨコエビ」として誕生するようです。

「東京湾ヨコエビガイドブック(HP)」によると『寒帯から熱帯まで世界中に7000種以上が分布し、日本からは 300種以上が報告されている。』そうです。すごい,ヨコエビ。

 

卵を抱いているヨコエビです。(青緑っぽいところが卵です。)

活動センターのヨコエビ水槽にいれておきました。

manabe * - * 15:01 * - * -
このページの先頭へ