<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< エビフリャーから考えよう! | main | カニかに観察しました♪ >>

エビフリャーは、エビフライのことです。

こんにちは。稲永ビジターセンターの間部(まなべ)です。
昨日は仕事終了間際に走り書きしたので、今日はじっくり(?)と企画展「エビフリャーと生物多様性」について書きたいと思います。















まずビジターセンターの入口を入ると、センタースタッフS.S氏作成のエビフライがあなたを迎えます。階段を上り2階の展示室に入ると、エビを取り巻く問題がわかる「エビクイズ」。
















ひと昔前の名古屋の海はとてもゆたかで魚介類もたくさんとれたそうです。そんな昔をしのばせるジオラマも展示してあります。このジオラマ元漁師の犬飼氏が作ったもので、来館者の方からも好評をいただいています。

















ほかにも、Y.S氏のかわいいイラストが光る「旬あてカルタゲーム」や世界地図とスーパーのチラシの切り抜きを使った「食べ物はどこからくるの?」などが展示してあります。

みなさんのお越しをお待ちしております。
☆ちなみに小学生以下のこどもに「エビフリャー」といっても「???」といった感じで通じないことがわかりました。「エビフライ」というと「好き好き♥」という反応が返ってくるのですが…。「エビフリャー」は死語なんでしょうか?
fujimae-blog * - * 09:58 * comments(0) * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ