<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

干潟の人気者 アナジャコの講演会のお知らせ

930日(日)に藤前干潟稲永ビジターセンターで「アナジャコ」の講演会を実施します。

講師は、干潟の生きもの「アナジャコ」とその共生生物を研究している高知大学の伊谷先生です。

皆さんお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

【内容】
テーマ 干潟は巣穴でできている!〜アナジャコのふしぎな暮らし〜
講師  高知大学教育学部准教授 
    伊谷 行(いたに ぎょう)さん

とき 平成30930日(日)13時〜15
ところ 藤前干潟 稲永ビジターセンター
    名古屋市港区野跡4112(裏面地図参照)
定 員 50 名(応募者多数の場合抽選)
申込み 平成 30 9 20日(木)まで
参加費は、無料です。 
(問い合わせ・申込み)
港保健所生活環境課南西部公害対策担当
電話:0526516493 
FAX:0526515144 
E-maila6516471-06@minato.city.nagoya.lg.jp

主催:名古屋市港保健所南西部公害対策担当/NPO法人藤前干潟を守る会

 

manabe * - * 10:48 * - * -

ハサミシャコエビ脱皮しました

昨日は稲永ビジターセンターに1番近い地元の小学校がヨシ原の体感学習にきました。2週間前は、南陽工場(ゴミ焼却場)にも見学にも行ってきたそうです。

 

とにかくみんな元気!!な学校なので、毎年私も含めガタレンジャーさんたちもこの日を心待ちにしています。

昨日は3cmくらいのアナジャコがみつかりました!見つけた小学生にどこにいたの?と聞くと「石の下にいた!」とのこと。

カニもたくさん見つかりました。カニの脱皮殻も干潟表面にいくつか落ちていました。「カニの死体がおる〜」と言って子供たちがおそるおそる触っていたので、脱皮殻だということを説明すると、脱皮するのは知っていたけどその殻は初めて見た〜、とみんな驚いていました。

 

 

今朝は、5月5日の子どもの日に実施した観察会で見つかったハサミがとれてしまっていた「ハサミシャコエビ」が脱皮していました。

小さなハサミもちゃんと再生していて、一安心です。

 

 

 

 

manabe * - * 14:09 * - * -

ガタレンジャージュニア 準備会1回目

6月17日はガタレンジャージュニアの先輩達が1から作り上げていく10月のプログラムの準備会がありました。

リーダー3人もスッと決まり、順調なスタートをきりました。

次回の準備会は7月15日の10時〜14時です。

manabe * - * 10:12 * - * -

気持ちのよいさわやかな天気でした

6月16日(土)は干潟の学校「干潟の生き物観察会」を実施しました。

梅雨時とは思えないさわやかな風と晴れの天気、気温もそれほど高くなく「これなら何時間でも干潟にいられる」と思えるほどの最高の1日でした。この日は珍しく2センチくらいの大きさのアナジャコの脱皮殻も見つかりました。

 

 

 

↓観察会とは関係ありませんが、ヨシに登るアカテガニ。

 

manabe * - * 10:29 * - * -

野跡ふれあいサロン出張

6月15日(金)は、地元のコミュニティセンター「野跡ふれあいサロン」に名古屋市野鳥観察館のNさんとともに出張講座に行ってきました。

今回のテーマは「鳥のはね」です。鳥の羽を電子顕微鏡で拡大してみた写真や、羽が水をはじくという実験を参加者の皆さん興味深そうに見ていました。スポイトでポトポトと羽の上に落とした水滴が、丸くなってコロコロコロ〜ッと羽の上を滑り落ちていく様子には、皆さん非常に驚かれたようでした。鳥の翼ももっていきました。「いやがる人もいるかな・・・」と思っていたのですが、意外とおおかたの人は大丈夫そうで、「フワフワしとるね」、「軽いね」など手でそっとなでていました。

 

manabe * - * 10:17 * - * -

アオサギのその後

今日のお昼のラジオニュースで東海地方が梅雨入りしたと発表されました。

天気予報をみるとしばらく曇りや雨の日が続きそうです。

 

6月1日〜ヨシ原にいたアオサギですが、残念ながら6月4日に落鳥しました。

元気になることを願っていたので、とても残念です。

 

manabe * - * 13:37 * - * -

梅雨入り前のさわやかな天気

今日は空は青く澄み渡りさわやかな風の吹く1日でした。

家族連れも多くビジターセンターはとても賑わいました。

 

2日前からヨシ原にアオサギ1羽がじっとしています。右の翼が垂れているかんじがしていたのですが、写真にとったらやはり垂れていました。どうやら怪我をしているようです。子どもに追いかけられていましたが、歩いて逃げるだけで飛び立とうとしませんでした。ジャンプしようとしてバランスを崩して頭から水につっこんでしまうのを見て、子どもに「追いかけないでね。怪我をしているようだから。」とお願いしたら、追いかけるのをやめてくれました。

 

しばらく様子を見守りたいと思います。

 

ササゴイも近くで魚を探していました。

 

 

 

manabe * - * 16:18 * - * -
このページの先頭へ