<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ガタレンジャーJr.2018

20180415_121006.jpg
4月15日の藤前干潟。
ガタレンジャーJr.2018の第一回、「春の干潟とオリエンテーション」が開催されました♪
前日からの雨もあがり、なんとか干潟にも入れました♪
今年度も新しい仲間を迎え、スタートです!
togari * - * 21:17 * - * -

ガタレンジャーJr.認定式

20180321_134832.jpg
今日の藤前活動センター

「ガタレンジャーJr.」9期生の認定式&ガタレンジャー大交流会を行いました。
あいにくの天気でしたが、ガタレンジャーJr.9期生のルーキー、先輩ガタレンジャーJr.、大人ガタレンジャー、さらにガタレンジャーJr.の保護者も参加して、全体で70名以上が参加。
雨で室内でのプログラムが多くなってしまいましたが、おおいに盛り上がりました♪
togari * - * 16:08 * - * -

バサバサッ

先日,施設周辺の見回りをしていたらウバメガシの下でバサバサッと音がしました。

シロハラがくちばしで,「バッサ,バッサ」とものすごい勢いで落ち葉をめくっている音でした。

この時,私とシロハラの距離,約5m。かなり近いです。

こちらのことを時々チラリと見ながら,落ち葉の下に潜んでいる虫をとるのに一生懸命で

ほとんどその場から動こうとしませんでした。

 

働き始めたばかりの頃に,スタッフのOさんから,「落ち葉いっぱいの地面の中で,ところどころ土がむき出しになっているのは,シロハラやツグミのしわざなんだよ。」という話を聞いたときに,「フィールドサイン」(糞や足跡などの動物がいた痕跡のこと)で,少し前にその場に動物がいたことを想像して楽しむことができるんだな〜。おもしろいな=と思いました。糞とか羽とかのフィールドサインはわかりやすいけど,地面の露出部から鳥の行動に思いを馳せるのは,鳥をよく観察している人でないとできないことだと。

 

 

 

manabe * - * 10:15 * - * -

カミクラゲ

20180306_120119.jpg
藤前活動センターでは、3月4日からカミクラゲの展示を始めております。
ふわふわと水中を漂う様は、やはり観てて癒されます♪
togari * - * 18:32 * - * -

急に春らしくなりました

日曜日はとっても暖かくて、名古屋では20度まで気温があがりました。

 

スミレは咲く、オオイヌノフグリは咲く、梅も満開です。

メジロは木の新芽を食べるのに忙しそうです。

manabe * - * 16:17 * - * -

3月の干潟

常連さんからヨシ原でオオジュリンがみれれるとしばらく前に聞いて、気になっていたので見に行ってみました。

実はオオジュリンをちゃんとみたことがなかったのです。

 

ヨシ原の中にいました!初オオジュリン。カラスは巣の材料にするために枯れ葉せっせと集めていました。

セグロセキレイも干潟の上を歩き回って、岩についた何かをついばんでいました。

カモの数も少なくなり、暖かな日差しとともに春の訪れを感じました。

 

manabe * - * 11:59 * - * -

ハマシギ

image.jpg
今日の藤前干潟。干潮は13:36でした。

ちょうど干潮時間ごろに堤防から干潟を見ると、40〜50mほどの距離にハマシギの200羽ほどの群れが♪

「鳥までの距離が遠い…!」とバードウォッチャーから不満の声が出ることもある藤前干潟ですが、運が良ければ近くで観察できることもあるのです!
togari * - * 14:44 * - * -
このページの先頭へ